~  
1  
ドローン関連デザイン出願、2015年から急増
 新成長産業として2020年までに毎年年平均13%*の成長を見せるものと予想されるドローン市場。
  2017.02.27
2  
IoTコンセントの特許出願が活発
 コンセントがセンサー技術や通信技術などの先端技術と結合され、スマートになる。待機電力を検出して
  2017.02.06
3  
高齢者の生活支援技術に関する特許出願が活発
   韓国は急激な高齢者人口の増加によって高齢化社会から高齢社会*へと移行しつつある。高齢者の暮ら
  2017.01.24
4  
橋梁の耐震性能技術の特許出願が活発
 最近まで計556回の余震を伴った2016.9.12.の慶州震災以降、地震によって人命と財産に重大な
  2017.01.10
5  
屋外広告物に関する特許出願が増加傾向
   デジタル技術を利用した屋外広告物に関する特許出願が増加している。  特許庁によると、
  2016.12.28
6  
災難安全通信網技術のPCT国際特許出願が増加中
   最近慶州で起きた地震やセウォル号沈没事故のような不測の災難事故が発生する時に、消防や警察、軍
  2016.12.19
7  
人工知能関連特許の登録動向
 米マイクロソフト(MS)が第4次産業革命の柱である人工知能(AI)に関する特許を最も多く保有し
  2016.12.19
8  
加湿器に関する特許出願が活発
 #冬になると、寒さとともに乾燥した室内空気が心配される。室内空気が乾燥すれば、鼻の粘膜が乾燥し
  2016.12.15
9  
モバイルクラウドに関する特許出願が増加
 #スマートフォンで楽しむサービスの多様化に伴い、モバイルクラウド*の利用が急速に増えている。モ
  2016.11.28
10  
上水道凍結防止に関する特許出願動向
 毎年、冬の寒波による水道計量器の凍結事故が頻繁に発生している。昨年も2万9,992件の凍結事故
  2016.11.17
 
[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]  Next10▷
登録画面に移動できない場合は、「Contact Us」画面よりお申し込みください。
 
ニセモノ撲滅キャンペーン