韓国特許庁、「2017年慶南知的財産フェスティバル」を開催 ( 記事の出所: 韓国特許庁 ) 2017.10.31

韓国特許庁は慶尚南道と共同で11月2日(木曜)13時から昌原コンベンションセンターで「2017年慶南知的財産フェスティバル」を開催する。   

今回の行事は、航空と機械産業のメッカである慶尚南道で地元企業を知的財産に強い企業に育成するために行われる。慶南地域の官民が地域経済をリードしていくための成長エンジンを発掘し、具体策を模索するための場である。

慶南大学の教授が「第4次産業革命時代における知的財産」と題し、経営環境が急変する中で企業がこの危機を知的財産で乗り越えられる方策について講演する。また、「たまには無謀な挑戦でも良い」というタイトルのスタートアップ向けの特講も行われる。 

高い競争を勝ち抜いて選ばれた慶南地域の「優秀なスタートアップ企業」にベンチャー・エンジェル投資家が実際に投資し、「慶南技術取引市場」を通じて産業界と学校、研究所間の技術取引も活発になる見通しである。

尚、若者の就職難を解決するための「知的財産優秀企業採用博覧会」では、企業の採用から履歴書と面接コンサルティング、就職占いなど、さまざまなイベントも行われる。

特許庁の次長は「第4次産業革命時代を迎え、韓国が先進国入りするには知的財産で武装した強小企業がもっと生まれなければならない」とし「今後も特許庁は、地域企業が優れた知的財産を創出できるよう政策的な支援を惜しまないだろう」と述べた。

 
 
ニセモノ撲滅キャンペーン