海外特許出願、これからはインターネットで便利かつ簡単に ( 記事の出所: 韓国特許庁 ) 2017.09.26

これから特許協力
約(PCT)を通じて海外に特許を出願する場合、インタネットで簡に出願書類を作成できるようになる。
 
* 特許協力約(PCT、Patent Cooperation Treaty):色々なにそれぞれ特許を出願する手間を解消するために締結した約。一度のPCT際出願で多加盟国に直接出願する果がある。
 
韓国特許は世界知的所有権機関(WIPO)と協力し、10月1日からePCTサビスを韓国国内出願人に提供すると発表した。ePCTとはインタネットでPCT出願書を作成し、出願進行況を出願人が直接リアルタイムで照できるPCT情報システムである。
 
これまでは出願人が直接自分のコンピュタにPCT出願書作成用ソフトウェア(PCT-SAFE)をインストールし、WIPOから電子署名用証明書の行を受けなければならないなど、準備手きが多少複だった。また、最新法制度が適用されたPCT書式を利用するためには、出願人が個人のPCにインストールした同ソフトウェアを3ヵ月ごとに自分でアップデトしなければならなかった。
 
一方、インタネット基盤のePCTを利用する出願人は、ソフトウェアのインストールやアップデトなど、わずらわしい作業が必要なくなる。
 
ePCTを利用するためにはWIPOのePCTウェブサイトに接してユーザーアカウントを生成した後、ログインすればいい。ログイン後はユーザーアカウントの用と不正利用を防止するための追加認証手きが必要だ。追加認証手きは携帯電話のショートメールまたは、スマトフォンに設置可能なワンタイムパスワド(OTP)アプリを利用して簡に行うことができる。
 
* WIPOのePCTウェブサイト: https://pct.wipo.int/ePCT
 
出願書作成を完了した後、PCT電子出願用最終電子ファイルを生成する際に電子署名が必要となる。ePCTでは存のWIPO証明書を利用した電子署名方式だけでなく、本人の名前を英文で記載する文字列入力方式も可能だ。そのためePCTを利用すれば、今後はWIPO証明書の給を受けて更新する手間がなくなることになる。
 
ePCTのすべての機能を問題なく使うには、Internet ExplorerかFirefoxのウェブブラウザを使わなければならない。Google ChromeとアップルのSafariも使えるが、今の時点で一部の機能が正常に動作しないことがある。
 
特許国内出願人が簡にePCTを利用できるように10月中にソウルと大田で無料のePCT活用研を行う予定だ。また、各地域のPCT出願人のために11月の釜山を皮切りに地方巡回も開催する予定である。
 
* ePCT活用研修日程:10月19日ソウル明振興、10月26日大田際知識財産修院
 
ePCTの使用中に疑問が生じれば特許ルセンタ(1544-8080)やWIPOのePCT顧客センタに連絡すればいい。WIPOのあるスイス現地でも韓人が直接ePCT顧客相談を支援する予定である。 
 
* WIPO ePCT顧客センタ:+41-22-338-9523、pct.eservices@wipo.int
WIPO PCT1ム(韓語相談支援):+41-22-338-7401、pct.team1@wipo.int
 
一方、ePCT電子出願サビスが始まっても従来のPCT-SAFEソフトウェアを利用したPCT出願サビスも年9月末まで並行して提供する。
 
特許長は「これまで海外特許出願時に多少不便だった部分が今回のePCTサビスの開始を通じてかなり解消されることを期待している」とし「韓国の出願人が海外でより手軽に特許を取得できるよう、今後もWIPOはもちろん、海外特許と緊密に協力していく予定だ」と述べた。
 
 
 
ニセモノ撲滅キャンペーン