特許庁、「知的財産学」単位銀行制度の2学期受講生を募集 ( 記事の出所: 韓国特許庁 ) 2017.08.07

韓国特許庁は8月7日(月曜)から25日(金曜)までの3週間、2017年2学期の「知的財産学」単位銀行制度(*)のオンライン課程の受講生を募集する。

*単位銀行制度は「単位認定などに関する法律(法律第13229号)」により、教育部が認めた教育機関で単位を取得し、一定基準を満たした受講生に学士号を授与する制度

特許庁国際知識財産研修院が無料で運営する「知的財産学」の専攻課程は2015年から始まり、2017年1学期には7つの科目で一般人1,327人と大学生1,506人など計2,833人が単位を取得した。

1学期には知的財産概論、技術経営論、デザイン保護法、法学概論、自然科学概論、特許法、インターネットと知的財産権法の7つの科目が開設された。2学期にも新設される著作権法を含め、知的財産概論、特許法、商標法、研究開発と知的財産、知的財産権と管理論、インターネットと知的財産権法、計7つの科目が開設される見通しだ。

知的財産学単位銀行制度は、高校卒業者又はこれと同等の学歴を持つ一般人であれば、誰でも参加できる。単位銀行制度に参加するのは従来、特許庁と単位交流を結んだ忠南大学、全北大学など6つの大学と、今年の2学期から参加する慶一大学、済州大学、漢拏大学を合わせ、計9つの大学となる。

知的財産学単位銀行制度の2学期の受講申請は、特許庁国際知識財産研修院の単位銀行制度ホームページ(http://cb.ipacademy.net)でできる。課程は9月1日から12月14日まで15週間行われる予定だ。

特許庁国際知識財産研修院の院長は「第4次産業革命時代における知的財産分野の専門人材養成に向け、教育コンテンツと教育課程開発を持続的に拡大および強化したい」と述べた。

*お問い合わせ:特許庁国際知識財産研修院教育企画課の事務官(042-601-4311)、韓国発明振興会生涯教育センターの係長(02-3459-2765)

 
 
ニセモノ撲滅キャンペーン