特許庁、2017年上期優秀審査官に授賞 ( 記事の出所: 韓国特許庁 ) 2017.08.02

韓国特許庁は8月3日午前10時30分、政府大田庁舎の大会議室で高品質審査を通じて審査品質の向上に貢献した優秀な審査官を選び、授賞する。
 
最優秀審査官には商標デザイン局、特許審査企画局、特許審査1局、特許審査2局、特許審査3局から1人ずつ選ばれた。
 
内訳を詳しく見ると、審査分野では優秀審査官40人(最優秀審査官を含める)、優秀審査パーツ長15人、スキルアップ優秀審査官8人、10の優秀審査課を選んだ。審判分野では優秀審判官5人、優秀訴訟遂行官1人、2の優秀審判部を決め、審査・審判官69人と審査・審判部署12が受賞することになった。
 
2017年上期に処理した個別審査に対する審査評価結果、各種審査品質指標および品質向上への寄与度を反映し、コンテストを通じて受賞者を選んだ。
 
特許庁長は「第4次産業革命時代を迎える中で経済的な価値が高い上、簡単に無効化できない強い知的財産権を創出するために審査官の役割がさらに重要になった」とし「今後も特許庁の本来業務である迅速かつ正確な、質の高い審査サービスを提供するためにもっと取り組んでほしい」と訴えた。

 
 
ニセモノ撲滅キャンペーン