優秀なハングル商標を探しています ( 記事の出所: 韓国特許庁 ) 2017.08.01

韓国特許庁は1日、ハングル商標の使用を奨励するために優秀なハングル商標を選び、授賞すると発表した。
 
この行事は特許庁が主催し、文化体育観光部および国立国語院が後援する。8月3日(木曜)から8月14日(月曜)までに特許庁のホームページで本人が登録した商標を応募するか、あるいは他人が登録した商標を薦めれば良い。
 
昨年に続き今年2回目を迎えるこの行事は、外国語商標または国籍不明のネット用語などが社会全般に溢れる中で、親近感が湧くと同時に呼びやすくて洗練されたハングル商標の使用拡大のために開催される。
 
応募および推薦は2014年1月1日以降、設定登録したハングル商標を対象にする。他人の商標を模倣した商標、商標ブローカーが所有する商標、審判・訴訟など、現在紛争中の商標などは授賞対象から除かれる。
 
国立国語院で国語専門家が6つの評価基準(規範性および固有語性など)によりランク付けをし、インターネット投票の順位と合わせてきれいな商標(文体部長官賞:1件)、美しい商標(特許庁長賞:1件)、親近感ある商標(国立国語院長賞:5件)を選定して授賞する。
 
特許庁商標デザイン審査局の局長は「韓国の感情がこもっているハングル商標は親近感があり、長らく人々の記憶に残るため外国語商標より需要者の関心を引く力が強い」とし「呼びやすく斬新なハングル商標を持続的に発掘して使うことで商品の知名度や価値を上げることができるだろう」と述べた。

 
 
ニセモノ撲滅キャンペーン