~  
1  
特許庁、2017年職務発明活性化事業を実施
 職務発明制度とは、企業が従業員の職務発明の権利を継承する見返りに、従業員に
  2017.02.17
2  
無防備の有害物質関連特許出願、20年間2万件
 人体に有害な化学物質に係る特許審査が無防備になっていることが明らかになった
  2017.02.16
3  
大宇造船、中国メーカーとのLNG特許紛争で勝訴
 大宇(テウ)造船海洋は、2013年3月、中国に特許登録した「船舶用天然ガス
  2017.02.16
4  
海外進出知財コンサルティング、1,151億ウォン効果
 事例:携帯用血糖測定器を製造する中小企業A社はドイツへの輸出を進めている途中、
  2017.02.16
5  
主な2017年女性発明振興事業
 「発明や知的財産権について学びたい」、「アイデアを持って起業したい」、「自
  2017.02.15
6  
米GIPC「韓国IP環境9位」
 韓国の知的財産(IP)保護環境が世界9位と集計された。昨年(10位)より一
  2017.02.14
7  
IP企業委員会、特許裁判中継の導入を提案
「特許裁判の中継の導入で公正な裁判を定着させなければなりません。」  
  2017.02.13
8  
2016年HV・EV車の商標出願が急増
 近年PM2.5の増加による環境問題が深刻化している中、2016年次世代
  2017.02.13
9  
食薬処、中小製薬会社に特許コンサルティング費用を支援
 食品医薬品安全処は、医薬品開発の段階において特許の現状や特許内容の分析など
  2017.02.10
10  
サムスン-アップル特許訴訟、再び1審へ
 米国最高裁判所まで上がったサムスン電子とアップルのデザイン特許訴訟が再び1
  2017.02.10
 
[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]  Next10▷
 
ニセモノ撲滅キャンペーン