~  
1  
応用分野の広いプラズマに関する特許出願件数が増加
韓国特許庁によると、プラズマに関する特許出願は2012年には15件にすぎなか
  2017.07.04
2  
急速冷凍方式のかき氷器に関する特許出願が活発
韓国特許庁によると、かき氷器に関する特許出願件数はこの3年間(2014年~2
  2017.07.03
3  
研究成果の公正配分のために職務発明制度を改善
韓国特許庁は6月29日に特許庁ソウル事務所で「職務発明制度革新研究会」(以下
  2017.06.30
4  
特許法院で韓国初の英語裁判が行われた
韓国特許法院で韓国初の英語裁判が行われた。特許ハブを目指す特許法院は、英語で
  2017.06.28
5  
第4次産業革命時代におけるスタートアップ・ベンチャー政策の進むべき道
[CIPO政策セミナーの概要] 韓国特許庁と韓国知識財産協会は6月
  2017.06.27
6  
海外IP-DESK、予算比9倍の経済的効果を上げる
IP-DESKが海外に進出した韓国中小企業の知的財産権保護における尖兵的な役
  2017.06.26
7  
中小・ベンチャー企業、営業秘密の流出になす術なし
中小・ベンチャー企業における営業秘密の保護実態が劣悪で、営業秘密の流出による
  2017.06.26
8  
冷たい金属と温かい感性が会った
人間の視覚、触覚などの感性を刺激し製品の価値を高める合金の製造技術が脚光を浴
  2017.06.22
9  
特許庁、WIPO、米コーネル大学とともに「WIPOアジア太平洋知的財産セミナー」を開催
韓国特許庁は、世界知的所有権機関(WIPO)、米コーネル大学(Cornell
  2017.06.21
10  
特許庁、釜山市と連携し知的財産人材の就職活性化に乗り出す
韓国特許庁と釜山広域市は地域の優秀な知的財産専門人材の育成や就職活性化に向け
  2017.06.21
 
[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]  Next10▷
 
ニセモノ撲滅キャンペーン