~  
1  
特許庁と関税庁、韓流ブランド保護に向けた協力体制を強化
韓国特許庁と関税庁は4月6日(木)午前10時に政府大田庁舎で「201
  2017.04.07
2  
特許深層面談サービスの利用が活発
 韓国特許庁が2015年に導入した特許深層面談サービスの利用率が大きく増加(
  2017.04.06
3  
国際知識財産研修院、開院30周年を記念する国際カンファレンスを開催
 韓国特許庁の国際知識財産研修院は4月11日(火)午前10時に大講堂で開
  2017.04.06
4  
特許庁、規制改革国民陪審員団会議を開始
韓国特許庁は4月6日(木)午後2時に大田政府庁舎で2017年第1次「規制改革国民
  2017.04.06
5  
医薬品許可に関する特許審判制度が定着
 医薬品許可―特許連携制度が施行されて2年が経ち、尻馬に乗る形の特許審判
  2017.04.05
6  
モバイル決済、利便性と信頼性の向上を
韓国特許庁によると、モバイル決済技術に対するPCTに基づく国際特許出願の公開
  2017.04.05
7  
産業財産権の登録は「晴れ」、実用新案は「曇り」
産業財産権の登録が相次いでいる。特許庁によると、2016年には特許、実用新案
  2017.04.04
8  
特許戦略策定が正に就職戦略策定
国内屈指の企業及び研究機関が出題した最新の産業財産権に関する問題に対し、大学
  2017.04.03
9  
商標ブローカーによる商標出願2年連続急減
特許庁によると、この2年間(2015~2016)商標ブローカーによる商標出願
  2017.03.31
10  
悪質なドローンを捕まえるアンチドローン(Anti-Drone)
悪質なドローンに対する脅威認識が広がり、いわゆる「アンチドローン」という
  2017.03.30
 
[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]  Next10▷
 
ニセモノ撲滅キャンペーン