~  
1  
特許庁の産業財産権紛争調停による成立率50%に迫る
韓国特許庁は19日、複雑な産業財産権をめぐる紛争を当事者間の話し合いで短期間
  2017.07.19
2  
第4次産業革命時代における知財権の百年大計を模索する
韓国特許庁は7月18日(火曜)午後2時にソウルJWマリオットホテルで第4次産
  2017.07.19
3  
KIAT、サムスン電子と提携し技術開放を進める
韓国産業技術振興院(以下、KIAT)は17日、サムスン電子が開放した815の
  2017.07.17
4  
特許庁、仮想体験知的財産保護教育を実施
韓国特許庁は教育対象者自らが知的財産権の持ち主になり、自分の権利を作り守るこ
  2017.07.13
5  
第18回韓国IPGセミナー(ソウル)・韓国知財セミナー(東京)を開催しました。
韓国IPGは、2017年5月31日、ソウルジャパンクラブ(SJC
  2017.07.13
6  
第4次産業革命の要となる国内外の知的財産権、一堂に集結
韓国特許庁は11月30日から開かれる「2017大韓民国知的財産大展」の出品作
  2017.07.12
7  
セシウムなど汚染物質吸着剤に関する特許出願が増加
2011年の福島第一原発事故以降、放射性物質を取り除く吸着剤に関する特許出願
  2017.07.11
8  
有害環境から肌を守れ!
韓国特許庁は肌への刺激緩和および改善機能だけでなく、人体に有害な物質を遮る化
  2017.07.10
9  
特許訴訟時、動画の提出を義務付けよう
複雑で専門知識が必要な特許審判・訴訟のために動画の提出を義務付けるよう求める
  2017.07.07
10  
エネルギー貯蔵装置(ESS)用リチウム二次電池に関する特許出願件数が増加
韓国特許庁によると、再生可能エネルギーの発電に欠かせないエネルギー貯蔵装置(En
  2017.07.07
 
[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]  Next10▷
 
ニセモノ撲滅キャンペーン