~  
1  
特許庁、知財情報活用に向けた取り組みを実施
 韓国特許庁は、知的財産情報に対する国民の関心を高め、創業ブームを盛り上げる
  2017.03.10
2  
特許ハブ国家推進委、「知財部・知財秘書官」新設を提案
「知的財産部と知的財産秘書官を新設しなければならなりません」  複数
  2017.03.09
3  
特許庁、知財分野の非正常の正常化事業を推進
 韓国特許庁は3月9日(木)午前10時30分からソウル事務所の大会議室にて「
  2017.03.09
4  
2017年大学創意発明大会を開催
 特許庁と韓国科学技術団体総連合会が主催し、韓国発明振興会が主管する「201
  2017.03.08
5  
商標分野で目立つ女性の活躍
 女性の社会進出と経済活動が活発になり、商標出願においても女性の活躍が目立っ
  2017.03.08
6  
企業の7割、「特許紛争時に社外の弁理士を選択」
 国内企業10社のうち7社は、特許紛争の発生時に社外の弁理士を最も必要として
  2017.03.07
7  
欧州特許庁、特許出願ランキングを発表
 中国企業の特許競争力は急上昇した反面、韓国主要大企業であるサムスンとLGの
  2017.03.07
8  
2016年中の知的財産権貿易収支
 韓国銀行が発表した「2016年中の知的財産権貿易収支」の日本語訳を掲載しま
  2017.03.07
9  
特許審判院、産業財産権判例評釈公募展を開催
 特許審判院が主催し、大韓弁理士会が後援する「第12回産業財産権判例評釈公募
  2017.03.06
10  
特許庁、ASEANとの知財権協力を拡大
 韓国特許庁は、今年からASEAN+1という形の特許庁長官会合を推進するなど
  2017.03.02
 
[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]  Next10▷
 
ニセモノ撲滅キャンペーン