~  
1  
零細企業代理の公益弁理士、勝訴率93%
 韓国特許庁は、小企業など社会的弱者に代わって特許審判や訴訟を直接代理する「
  2017.02.08
2  
中小企業向け知財活用戦略支援事業を実施
 韓国特許庁は、優秀な知的財産(IP)を保有していても専門人材と資金不足など
  2017.02.07
3  
IoTコンセントの特許出願が活発
 コンセントがセンサー技術や通信技術などの先端技術と結合され、スマートになる
  2017.02.06
4  
ブレグジットの影響で英国デザイン出願急増
 英国のEU離脱の決定(ブレグジット、2016.6.23.)以後、英国におけ
  2017.02.01
5  
2017年知財創出・活用支援事業を実施
 韓国特許庁は、政府R&Dを通じて創出された大学・公共研究機関の
  2017.02.01
6  
2016年産業財産権出願、6年ぶりに減少
 韓国特許庁は、2016年の特許・実用新案・デザイン・商標など産業財産権の出
  2017.01.31
7  
特許庁、「2016年知的財産活動実態調査」を発表
 特許庁は『2016年知的財産活動実態調査』の結果、国内企業の職務発明補償制
  2017.01.31
8  
欧州統合特許法院の設立に向けた動きが本格化
 欧州の統合特許法院協定(Agreement on United Paten
  2017.01.31
9  
2017年度特許庁業務計画
 特許庁は1月24日(火)、「第4次産業革命に備えた国家知的財産の競争力強化
  2017.01.25
10  
高齢者の生活支援技術に関する特許出願が活発
 韓国は急激な高齢者人口の増加によって高齢化社会から高齢社会*へと移行しつつ
  2017.01.24
 
[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]  Next10▷
 
ニセモノ撲滅キャンペーン