韓国知的財産情報検索ハンドブック(2011年3月発行)
韓国では、特許、実用新案、意匠(デザイン)、商標を含め、年間30万件以上の出願がなされており、特に、電気、電子を中心に、世界最先端の企業も少なくありません。そのため、研究開発や発明等の出願を行うに際し、韓国における特許等の公報を調査することは、非常に有益であると考えられます。
韓国特許庁は、「韓国特許情報サービス(KIPRIS)」により、これらの情報をインターネットにより無料で提供しており、英語版ホームページを通じて、英語による検索や照会を行うことも可能となっております。また、インターネット上の無料自動翻訳サイトを利用することにより、一部日本語に翻訳することも可能です。

そこで、ジェトロソウルセンター・知財チームでは、「韓国知的財産情報検索ハンドブック」を作成しましたので、研究開発や調査等にご活用ください。

*)なお、「KIPRIS」ホムペジリニュアルに伴い、本マニュアルは、「
Current KIPRIS」に対応したものとなります。
 
過去の資料についてはこちら
 
 
 
 
ニセモノ撲滅キャンペーン