「韓国知財セミナー『韓国特許法・進歩性判断の最新状況』(東京・大阪)」で開催しま

 韓国では、知的財産の重要性がますます向上している中、意欲的な制度整備が進められており、2016年には特許取消申請制度や証拠提出命令の強化等重要な特許法改正が行われました。また、韓国における進歩性判断については、近年重要な判例

 
超小型センサーがリードするモノのイ... [2017-05-25]
特許法院、「国際知識財産権法研究セ... [2017-05-25]
ディスプレイの進化が止まらない、ロ... [2017-05-23]
韓国特許庁、「2017年度の青少年... [2017-05-23]
知能型仮想秘書の特許出願、最近大き... [2017-05-22]
公的特許技術の事業化に向けて業務協... [2017-05-18]
韓国特許庁、Facebook利用者... [2017-05-18]
冬季五輪の競技力、シミュレーション... [2017-05-17]
キャラクターデザインの権利確保、多... [2017-05-17]
日中韓IPカンファレンス開催 [2017-05-15]
サイドミラーのないミラーレスカー時... [2017-05-15]
2017年第1回、部処の垣根を越え... [2017-05-11]
特許庁、「日中韓デザインフォーラム... [2017-05-10]
医療機器産業に関する特許出願が急増 [2017-05-07]
 
弁理士法施行令の一部改正令(案)の立法予告がなされました。 [2017-05-15]
弁理士法施行規則の一部が改正されました。 [2017-05-15]
韓国知財セミナー(東京、6月8日)開催のお知らせ [2017-05-10]
弁理士法施行規則の一部改正令案の立法予告がなされました。 [2017-04-04]
recruit
ニセモノ撲滅キャンペーン