「韓国知財セミナー『韓国特許法・進歩性判断の最新状況』(東京・大阪)」で開催しま

 韓国では、知的財産の重要性がますます向上している中、意欲的な制度整備が進められており、2016年には特許取消申請制度や証拠提出命令の強化等重要な特許法改正が行われました。また、韓国における進歩性判断については、近年重要な判例

 
特許庁、商標審査官・審判官・裁判官... [2017-04-27]
知的財産を通じた韓流、南太平洋まで... [2017-04-26]
アラブ首長国連邦、韓国特許庁を背負... [2017-04-26]
人間と疎通する「ソーシャルロボット... [2017-04-25]
UNISTと蔚山地検、知財権保護に... [2017-04-25]
中国のオンラインショッピングモール... [2017-04-24]
IoTと人工知能を融合させたデジタ... [2017-04-20]
スマート手袋、会話も翻訳も [2017-04-19]
特許庁と韓国電子通信研究院、MOU... [2017-04-18]
医薬用途の種、特許出願が増加 [2017-04-17]
特許ビジネス会議IPBCコリア、2... [2017-04-14]
特許庁、大韓弁理士会の役員に過料を... [2017-04-13]
特許庁、アジア13カ国の特許庁長カ... [2017-04-11]
法院、大企業の中小企業の技術侵害を... [2017-04-10]
 
韓国知識財産総連合会の創立発足式とシンポジウムの開催 [2017-04-21]
【韓国IPG】第18回韓国IPGセミナー開催(5月31日)のお知らせ [2017-04-14]
特許法が一部改正されました。 [2017-03-28]
実用新案法が一部改正されました。 [2017-03-28]
商標法が一部改正されました。 [2017-03-28]
recruit
ニセモノ撲滅キャンペーン