「韓国知財セミナー『韓国特許法・進歩性判断の最新状況』(東京・大阪)」で開催しま

 韓国では、知的財産の重要性がますます向上している中、意欲的な制度整備が進められており、2016年には特許取消申請制度や証拠提出命令の強化等重要な特許法改正が行われました。また、韓国における進歩性判断については、近年重要な判例

 
冷たい金属と温かい感性が会った [2017-06-22]
特許庁、WIPO、米コーネル大学と... [2017-06-21]
特許庁、釜山市と連携し知的財産人材... [2017-06-21]
特許庁、出願初心者の目線に合わせて... [2017-06-20]
高齢社会を前に高齢者向け福祉サービ... [2017-06-19]
2017 国会発明展示会、6月20... [2017-06-16]
第52回発明の日を迎え、記念式を開... [2017-06-14]
特許庁、特許ネットシステムの品質向... [2017-06-12]
特許、企業成長・起業における核心 [2017-06-09]
インプラントなど口腔に関する商標出... [2017-06-08]
審査官との面談、これからはオンライ... [2017-06-07]
世界を変えようと挑戦する女性発明家... [2017-06-07]
運転者の走行を補助する装置がスマー... [2017-06-07]
第7回知的財産情報サービス、SHO... [2017-06-05]
 
第18回韓国IPGセミナーの発表資料の掲載 [2017-06-14]
弁理士法施行令の一部改正令(案)の立法予告がなされました。 [2017-05-15]
弁理士法施行規則の一部が改正されました。 [2017-05-15]
韓国知財セミナー(東京、6月8日)開催のお知らせ [2017-05-10]
弁理士法施行規則の一部改正令案の立法予告がなされました。 [2017-04-04]
recruit
ニセモノ撲滅キャンペーン