キャラクターの無断使用に対する法的処置

当社は日本でアニメーション漫画を製作する会社です。当社のアニメーション映画のうち、いくつかのキャラクターは日本だけでなく海外の多くの国でも漫画に関心のある数多くの人達に知られているキャラクターです。
ところが、最近韓国で当社のアニメーションに登場する有名キャラクターを表示したTシャツが流通しているという噂を聞きました。このような使用に対して当社が法的な措置を取ることはできるのでしょうか。
参考として、本キャラクターは日本では商標登録されていますが、韓国では商標登録されていません。しかし、韓国でもかなり知られています。

該当キャラクターが韓国に商標登録されていないため、商標権に基づ く保護を求めることはできませんが、態様によっては、「不正競争防止および営業秘密保護に関する法律」により保護を求めることができます。また、著作権侵害としても法的処置が可能です。

   

解説:

まず、商標権に基づく措置という観点から申し上げますと、韓国で商標権を行使するためには当然先に韓国に商標登録されていなければなりません。従って、該当キャラクターが韓国に商標登録されていない以上、商標権に基づく保護を求めることはできません。

一方、韓国内において、キャラクター自体のみならず、それが貴社の商標としても広く認識されており、ご質問のTシャツの販売等が貴社の商品として誤認、混同させるようなものである場合、不正競争行為として「不正競争防止及び営業秘密保護に関する法律」による保護を求めることができます。

ただし、貴社のキャラクター自体が韓国で有名であったとしても、商標として有名でなければ、不正競争行為には該当しません。 なお、貴社のキャラクターが著作物として韓国著作権法で保護される外国人の著作物に該当し、その保護期間が残っているならば、韓国著作権法上の著作権侵害を理由に、当該韓国業者に対し、キャラクターの無断使用として法的措置が可能です。

   
解説者:
特許法人ムハン
代表弁理士 丁泰栄 (ジョン・テヨン) 氏


無断転載を禁ずる
掲載した情報は、ジェトロソウルセンターが入手している情報に基づくものであり、その後の法律改正等によって変わる場合があります。また、コメント等は著者及び当機構の判断によるものですが、一般的な情報・解釈がこのとおりであることを保証するものでないことを予めお断りします。
 
 
ニセモノ撲滅キャンペーン