商標出願時の商品を指定する意味と方法

韓国も日本と同じように商標を出願する場合に、使用する商品を指定しなければならないと聞きました。商品を指定するとはどんな意味でしょうか。また、商品を指定する方法には何がありますか。

商標出願時に商品を指定するという意味は、商標権によって保護を受   けようとする商品又はサービスを具体的に定めるという意味です。商品を指定する方法は、韓国内の弁理士にご相談ください。

   

解説:

商標は、具体的な商品やサービスに使用される識別表示ですから、その商標がどのような商品に使用されるかを特定する必要があります。したがって、商標出願時に商品を指定するという意味は、商標権によって保護を受けようとする商品又はサービスを具体的に定めるという意味と言えます。

 商品を指定する方法としては、日本と同じように保護を希望する商品又はサービスが属する類区分と共に、その商品又はサービスを出願書類に具体的に記載する必要がありますので、韓国内の弁理士にご相談ください。

なお、JETROソウル知財チームのHP(http://www.jetro-ipr.or.kr/)において、日本語対応が可能な特許事務所を掲載していますので、参考にしてください。また、具体的な類区分については、上述Q2にて紹介したKIPRISにより検索することができます。

   
解説者:
特許法人ムハン
代表弁理士 丁泰栄 (ジョン・テヨン) 氏


無断転載を禁ずる
掲載した情報は、ジェトロソウルセンターが入手している情報に基づくものであり、その後の法律改正等によって変わる場合があります。また、コメント等は著者及び当機構の判断によるものですが、一般的な情報・解釈がこのとおりであることを保証するものでないことを予めお断りします。
 
 
ニセモノ撲滅キャンペーン