~  
1  
大法院
プログラム中の環境設定のためのデータが記録されたものに過ぎない一部ファイルが著作権法によって保護され
  2012マ1724決定仮処分異議   原審決定破棄差戻し
2  
特許法院
取引書類、名刺等にのみ表示され、指定商品に表示されていない商標が商標法第73条第1項第3号所定の商標
  2014ホ2849   確定
3  
特許法院
立体的形状に識別力のある文字が付加された構成の立体商標には識別力があると判断された事例
  2014ホ2344   大法院上告
4  
特許法院
本件出願商標「ソウル大学校」が薬剤商品において識別力があるか否か
  2014ホ2092   大法院上告
5  
特許法院
特許請求の範囲の文言が明細書にそのまま記載されてはいなくとも、実施例と明細書の全趣旨により裏付けられ
  2013ホ6479   上告(大法院2014フ2
6  
ソウル中央地方法院
商標権者の鑑定により通関保留になった被疑物品が後日非侵害と判決が下された場合に、権利者の侵害品である
  2013ナ56227   大法院上告
7  
大法院
他人の著作物であるロゴ図案の描かれたTシャツを着たモデルの写真は著作権侵害に該当するか
  2012ド10786   原審判決破棄差戻し
8  
ソウル西部地方法院
韓国内におけるパブリシティー権の認定に関する事例
  2013ガ合32048   控訴
9  
大法院
明細書の記載を補充して特許発明の保護範囲を定めた事例
  2012フ917   確定
10  
大法院
課題の解決原理に立ち返って被告実施製品が本件発明の構成と均等であると判断した事例
  2013ダ14361   確定
 
[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]  Next10▷
 
ニセモノ撲滅キャンペーン