~  
1  
大法院
半製品を生産して韓国外に輸出する行為は特許権間接侵害行為に該当するかどうか
  2014ダ42110損害賠償   一部確定(N95完成品に
2  
ソウル中央地方法院
原告のあんぱん売場の標章、看板、売場の配置及び売場デザインを模倣した行為が不正競争行為(トレードドレ
  2014ガ合529490   控訴審(ソウル高等法院2
3  
大法院‎
著作財産権が複製権、配布権、公演権等の個別の権利の集合であるという理由で、‎著作権法上の技術的保護措
  2015ド3352‎   確定‎
4  
大法院
分離利用が可能な大衆歌謡の歌詞と編曲部分が共同著作物に該当するかどうか
  2013ダ58460著作者確認   確定
5  
ソウル南部地方法院
非営利社団法人の類似商号使用が商法上の他人の営業として誤認させる商号使用行為や不正競争防止法上の営業
  2013ガ合102542‎   控訴審(ソウル高等法院2
6  
特許法院
審決取消訴訟で周知慣用技術として提出された文献の採否
  2014ホ1563拒絶決定(特許)   判決確定
7  
大法院
医薬という物の発明において投与用法と投与用量が発明の構成要素となり得るか
  2014フ768権利範囲確認審判(特許)   確定(上告棄却)
8  
大法院
特許発明の均等な発明を利用する場合にも、利用関係が成立するか否か
  2014フ2788権利範囲確認(特)   原審判決破棄、特許法院差
9  
特許法院
特許法36条1項で定められている発明の同一性を判断する基準
  2014ホ8175無効(特許)   (上告せず)判決確定
10  
ソウル中央地方法院
特許侵害を断定することができないにもかかわらず、特許権者を代理して特許権の侵害を理由に製品の販売中止
  2014ガ合551954号   控訴審にて強制調停成立に
 
[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]  Next10▷
 
ニセモノ撲滅キャンペーン